なぜFXの方が外貨預金よりメリットが大きいか

FXは、外貨預金と比較されている事があります。確かに、その2つの商品は外貨を活用する事にはなります。しかし色々な点を考慮しますと、FXの方がメリットが大きいという声も根強いです。FXなら、レバレッジを高めにできるからです。

高いレバレッジでの取引が可能なFX

レバレッジは、動かせるお金に関わってきます。その数字が大きい方が、大きなお金を動かすことができます。
現時点での国内業者では、FXのレバレッジは最大25倍です。海外業者であれば、900倍近い数字で取引できる事があります。たとえ口座の総額がそれほど大きくなくても、比較的大きなお金を動かすことができます。
ところが外貨預金という商品の場合は、原則としてレバレッジ1倍程度に限定されてしまう訳です。それだけに外貨預金で動かせる金額は、若干限定されてしまいます。金額が限られるという事は、利益額も低めになってしまう訳です。それに比べると、FXは大きな利益を稼げる可能性を秘めています。

FXの手数料のメリット

またFXは手数料に関するメリットがあります。FXで取引する場合、主にスプレッドという手数料が発生します。国内業者の場合は、全体的にスプレッドも低めに設定されています。ちなみに、取引手数料は無料になる業者が多いです。
ところで外貨預金という商品も、手数料はかかります。外貨預金にもスプレッドのような仕組みはあって、かなり幅が広くなっています。FXと比べると、相当幅が広いという声も多いです。
というのもFXの場合は、スプレッドは1銭程度に限定されている傾向があります。それに対して外貨預金の場合は、0.5円ぐらいになっているケースがあります。単純計算で、5倍近い手数料がかかってしまう訳です。その手数料の分を取り戻すだけでも、かなりお金を稼ぐ必要があります。その点FXは、手数料も低めに設定されている訳です。

空売り可能なので下落相場で稼げる

またFXは、比較的簡単に空売りできるメリットがあります。そもそも外貨預金という商品の場合は、基本的には外貨の買い注文をする事になるのです。決して空売りを仕掛けられる訳ではありません。
という事は、外貨預金の場合は上昇相場でないと稼げなくなってしまう訳です。しかしFXの場合は、外貨のレートが下落した時でもお金を稼ぐ事はできます。空売りで仕掛ける分には、外貨のレートが下がった時に利益が生じるからです。下落相場でもお金を稼げるだけに、外貨預金よりはFXの方が良いという声も根強いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です